HOME   »  FM14 旧レアル・ハエン編(18-19)
Category | FM14 旧レアル・ハエン編(18-19)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM14 旧レアル・ハエン編(18-19) 「チーム再建への、挑戦!(すでに成功しています)」


>>>
前々回「2013のインテル編で青田買いした結果選手層が混沌と化したため投げ出した」と書いたな。あれは嘘だ。
セーブデータを確認すると世代別ポジション別にバランス良く揃っていた。

では青田買いし過ぎて投げ出したのはどのプレイデータかというとここの記事「モウイーヨ、ブログ再開するってよ」に書いてある「2014旧レアル・ハエン編」だった。
酷かった。投げ出したくもなるよなと共感した。
でも選手たちがかわいそうだとも思った。監督を信じてクラブに加入した若き逸材がそのまま育てられることなく捨て去られているなんて同情する。同情だけでなく何とかしてやりたいと考える。
そのためには。
>>>

この「2014旧レアル・ハエン編」で青田買いした逸材を育成しつつ、解任されずに続けられるかどうかを試すことにした。

まずは偏りまくった選手層の紹介。

GK
jaen002.jpg

DC
jaen003.jpg

DL
jaen004.jpg

DR
jaen005.jpg

DM
jaen006.jpg

WB
jaen008.jpg

MC
jaen007.jpg

SM
jaen009.jpg

AMC
jaen010.jpg

AML
jaen011.jpg

AMR
jaen012.jpg

ST
jaen013.jpg

DFラインと中盤には青田買いした選手がぞろっと揃っている。
すべての若手を成長MAXさせるのは難しそうだ。
現有戦力の選手層に問題はない。

前線の若手はレベル高く育った選手が二人いるものの、全体的に使える選手が少ない。
一人でも故障したらやりくりが大変になる。
特にサルセドというキーマンが抜けでもしたら……。(フラグじゃないよ)

前線の補強と中盤の整理。これらを優先したチーム編成を行わなければならない。

しかしそうした整理は冬の移籍期間まで待たねばならず、10月21日現在に急いで取り掛からなければならないのはチームの順位をあげることだ。

jaen014.jpg

jaen015.jpg

連敗がつづき、リーグでは降格圏にはいりそうな状態。
ヨーロッパリーグはプレイオフで早々と敗退。

jaen016.jpg

解雇の文字がひたひたと背後から近づいてきている。

この偏り選手層で機能する巧い戦術は何か?
と考えたものの、変則的な陣形や指示で勝てるようになるとも思えず、FM15で安定した結果を残しているものを使う。

中央のボール支配で圧倒する「442」。
jaen017.jpg

jaen020.jpg


バランスのいい「42DM31」。
jaen018.jpg

jaen021.jpg

※(立ったまま当たれも指示すべきだなといま気付く)

この2つがいまの選手層に適しているかは首を傾げてしまうが、勝たなければ意味がないので勝つための戦術で何とか冬まで切り抜ける。
不幸中の幸いはELに敗退したため日程に余裕があることか。


第三の陣形はちょっと遊んでみた。
jaen019.jpg

「532」。カウンター用かな。明確な指示は考えず。
考えてないのは、使わなかったために考える必要がなかったから。


さてこの後のリーグ戦成績はというと。




jaen022.jpg

jaen023.jpg

一気に上位へ。
優勝は難しそうだがCL出場権はとれるんじゃなかろうか。
ここまで成績をあげられたのは前線の選手に故障者がでなかったのが大きいだろう。
サルセドとションビーニョの若き才能が得点を量産してくれた。

他の若手も積極的に起用した。
これならば青田買いの愚行もうまく解決できそうだ。
どこまでプレイするのかは分からない。
FM16にも触っていないのに14に戻るというのは自分でもおかしな行動だと思うが、それだけFMシリーズはどのナンバリングも飽きることなく楽しめるということかな。


次回、があるとしたら選手について書きたいと考えています。


続く。




jaen024.jpg

この選手。おそらくユースから昇格した若手だろう。
加入の年から武者修行として毎シーズンレンタルに出していたようだ。
しかし、

jaen025.jpg

怪我ばかりしている。
レンタル先でまともに試合に出られていない。
そんなことに気付きもせずゴミのような扱いをしてしまった。

ごめんよ。
贖罪として残して成長させるべきか、放出して新天地でがんばってもらうべきか。
愚者監督は苦悩する。


スポンサーサイト

FM14 旧レアル・ハエン編(18-19) 「更新を怠っていたら広告が表示された! でもまあ騒ぐほどでもないか」

何とか解雇されずに、むしろCL出場権も視界に捉えたような躍進を遂げてリーグ戦は冬の移籍期間に入った。
ここで即戦力となる前線の選手を補強すればシーズン後半でどったんばったん大騒ぎが出来るだろう。

移籍予算は14億3千万。これだけあれば世界の半分は壊せはしないけど、良質な選手が獲れる。
と思ったのだが、良質な選手ってどんな選手だろう?
スター選手は高いから獲れない。
そこそこの選手はそこそこの能力だけど、うちのような中堅クラブにとっては重要な位置を占めてくれるはず。
でもそんな選手をわざわざお金を支払って他クラブから獲得する必要はあるのだろうか?

そこそこの選手にお金を使うよりも、将来性のある若手を加入させて育てたほうがお得なのでは?
若手を育てあげて、その後余剰人員となった選手は高く売る。
なんだか商売根性が湧いてくるではないか。
それはとっても素敵だなって。


こうしてモウイーヨ監督はふたたび同じことを繰り返した。
無計画な青田買いという愚行を。

jaen026.jpg


jaen027.jpg


jaen028.jpg


三人の逸材が新たに加わった。
夏にも加入する若手がいたり、一年後か二年後にも加入する若手も。

つまりは「青田買いした若手をしっかりと育てようプレイ」のゲーム内必要年数が増えたということだ。

FM16に手をつけるのはいつになるのかなあ。

ところで新しく入った三人の選手をみて、おかしな部分に気づかれただろうか。
気づかないよね。ぼくも公式戦が再開されるまで気づかなかった。

スラベン・ロヴリッチ。可能ポジション「FW・AMR」。
ヘンリク・ラルセン。可能ポジション「AML・ML」。
マウロ・パラディエス。可能ポジション「FW・AMR」。

スラベンとマウロは出来るポジションが被っているんだわー。
シーズン後半の試合が多ければターンオーバーでどちらも同じぐらいの試合数を経験させることができよう。
しかしカップ戦は次のラウンドで敗退する。残るは週一回ぐらいのリーグ戦。
FWにはすでに確固とした優秀な選手サルセドとションビーニョの二人がいる。
つまり獲得した若手をFWで起用できる回数は少ない。
AMRでしかコンスタントな起用ができない。
これではどちらかが潜在能力を腐らせてしまう。

嗚呼。



うまくいかないことは重なる。
リーグ後半戦。

jaen029.jpg

後半戦のリーグ戦戦績。3勝5敗2引き分け。
ただいま連続無勝利6。継続中。

jaen030.jpg

8位。順位は2つ下げただけだが、勝ち点の差はCL出場権を手に入れることが難しいものとなった。

jaen031.jpg

チームミーティングはうまくいった。
ここから巻き返しだ!

なんだけど。



若手育成にはユースでの試合経験も重要。
しかしユースの監督はどうにも育ってほしい選手を使ってくれていないような。

いっそのこと、ユースも自分で管理しようか?

jaen032.jpg


ユースの監督を解雇しました。
これでユースは自分が管理し、試合に起用する選手も自分で選べる。

……ぶっちゃけめんどくさいな。
トップチームは勝てない状態がつづいているというのに、ユースの管理というめんどくさいことも抱えてしまい、なんだかとても疲れるプレイになっちゃったな。


こうしてぼくはFMから離れていった。




まだだ、まだ終わらんよ。


続く。


プロフィール

ドデ・モウイーヨ

Author:ドデ・モウイーヨ
サッカーについて詳しくないです。
寒いギャグとアニメネタ多めの記事です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。