HOME   »  2016年05月
Archive | 2016年05月

FM2015 ドルトムント編(2014-2015)「始動」

dort001.jpg


クマみたいなユルゲン・クロップの後を継いだのは、熊のクマ井ナツ(CV:安元洋貴)だった。


「熊出村の村おこしのために、がんばるよ。サッカーは中の人が大好きだしね、大丈夫」

dort005.jpg 

「でも、熊だからね。日本語は喋れるし、家電製品にも強いけど、熊だからね。監督としての能力なんて、こんなものさ。熱意は少しだけあるよ。少しだけね」



ところで、私モウイーヨがいままで最初に選んだクラブを顧みると
FM2013は長友佑都所属「インテル・ミラノ」
FM2014は本田圭佑所属「ACミラン」
そして今回2015は香川真司所属「ボルシア・ドルトムント」
と、日本人選手がいるところばかりである。
これで分かるとおり、私は

海外サッカー永遠のにわかファン

なのだった。



閑話休題

dort002.jpg dort003.jpg

(選手一覧画像の作成は、ぶるべあさんのブログ「Football Managerの日記 (`・ω・´)川 ゚ ∀゚ノ|」を参考にさせていただきました)

クラブ全体での故障者はシニア4人、リザーブ1人。
怪我は仕方がない。
だが、休暇中の選手が9人もいるのは困る。
これでは公式戦開始までに全員のコンディションを整えることができないではないか。

しかも、バイエルン・ミュンヘンとの「DFLスーペルクープ」は8月9日開催だというのに、10日までバカンスお楽しみ野郎が5人とは……。

「やっぱり、熊だからナメられてるのかな? よし、自己紹介を兼ねた選手とのミーティングは強い態度でのぞもう。熊の心で態度だもんね」

dort004.jpg 

「優しい……。受け入れてもらえてよかった」

そんなこんなで選手の優しさに甘えつつ、陣形やら戦術やら練習内容やらを設定していき、親善試合を行った。

dort006.jpg 

TV中継が決まっている試合をキャンセルした場合、違約金を払わなければならないのか、違約金が課せられないとしても折角の放映料を貰わないのは勿体ないのではないか。

「よおく考えよう、お金は大事だよ」

ラナースFC(Randers FC)とFCトゥーン(Thun)の二試合はキャンセルせずに、間に挟まれて日程を密にしていたFCザンクト・ガレン(St. Gallen)だけをキャンセルした。


dort007.jpg 

デンマーク一部リーグ所属のラナースFCとの試合は負傷で途中交代の選手を3人も出したが、DLのマルセル・シュメルツァー(Marcel Schmalzer)がこむら返りの3日離脱だけで、ほかの2人は大丈夫だった。

休暇中や故障者を抱え、こちらの選手はコンディション不足だが相手はコンディションが充実しているという状態での勝利。

「意外とぼくにも監督が務まるんだな。才能があるのかもしれない。ところで上の概要画像もぶるべあさんの模倣だよね。独創性がないよ」

dort008.jpg 

スイス一部リーグ所属FCトゥーンに0-3のボロ負け。
しかもヘンリク・ムヒタリアン(Henrikh Mkhitaryan)が足首のねんざで12日-2週間の離脱。
リザーブのタンモ・ハルダー(Tammo Harder)はハムストリング断絶で2-3ヶ月という重傷。

リロードしようかと思った。

だが親善試合の結果でリロードは屈辱だ。だから熊には無理なんだよ、と嘲笑されるに違いない。

慎重になろう。
以降に予定されていた親善試合はキャンセルして、勝てそうなクラブを選ぶ。

BSCヤングボーイズ(Young Boys)。
聞いたことがある名前だと思ったら、久保裕也選手が所属しているクラブだった。
彼は後半から出場したが活躍はできなかった。

dort009.jpg 

シュート数枠内シュート数がほぼ同数でヤングボーイズには決定機が四回、こちらは一回だったがピエール=エメリク・オーバメヤン(Pierre-Emerick Aubameyang)が三本のシュートのうちニ本を決めてくれた。
ファウル数13と3の数字はプレイの丁寧さの違いを表しているのだろうか。

「鮭を捕まえるのも、丁寧さと速さが大事。結果に繋がる、いいサッカーをしてくれたよ」

7月21日。香川真司が休暇を終えて、チームに復帰。
私はACミランのときも本田圭佑を中心に陣形や戦術を決めたので、当然ドルトムントも香川を中心に据えた戦いをするつもりだった。

オーストリア一部リーグ所属、SKラピード・ウィーン(SK Rapid Wien)。

dort010.jpg 

まだコンディションが万全ではない香川だったが見事なプレイをみせた。
先制点のオウンゴールは、彼のシュートがGKに当たってのもの。
評価点は9,0。他選手がほぼ6点台なので、香川真司の独擅場だったといえる。

ただ試合中に戦術を細かくいじりつづけたために時間がかかった。

戦術の試行錯誤をこの試合で行ったのはこれ以上シニアの親善試合を組まずに、リザーブとユースの試合でレギュラー陣のコンディションを整えるつもり(実際にそうした)だったからだ。

つまり次の試合はリーグへの前哨戦となる、バイエルンとのDFLスーペルクープ。

dort011.jpg 

現実では2-0でドルトムントが勝利しているが、果たしてこの世界ではどうなるのか。

「シーズンを占う戦いなんだから、敗けられないよ。特に宿敵バイエルンと、それを率いる尊敬すべき監督ジョゼップ・グアルディオラが相手だもん」

――続く。


ところで開始前にリザーブとユースにすでに設定されている親善試合はキャンセルできなかった。前作からそうだったかな。怪我人が出なかったから問題はなかったけど。


(久しぶりのブログ更新だったので必要以上に長くなってしまった。以後途絶えたりしなければいいのだが)
 

スポンサーサイト

FM2015 ドルトムント編(2014-2015)「DFLスーペルクープ:前半」

この記事と次の記事はひさしぶりにFMを再開した人間が初っ端からバイエルンに勝利し、あげあげなテンションのなか書いたとてもつまらない記事です。
SSをべたべた貼っているだけ退屈な内容のため笑いどころもなく、どうしようもないカス記事なのでスルーしてください。
試合は1-0で勝ちました。



dort012.jpg

ユルゲン・クロップも注目しているドルトムントVSバイエルンのダービーマッチ、通称「デア・クラシカー」

3季連続でのDFLスーペルクープによるぶつかり合いは、謂わば少年院での対戦(ジョー対力石)や、とりあえず一戦交える感じ(ダイの大冒険でよく見られるパターン)のようなものだと思う。

dort013.jpg

双方のチームに百円ずつ賭ければどちらが勝っても儲かるが、引き分けたら胴元の一人勝ち。という仕組みなのかな?


・ドルトムント・
dort015.jpg


・バイエルン・
dort019.jpg


・ドルトムントの布陣と戦術・
dort016.jpgdort017.jpg

dort020.jpg

親善試合では香川の役割をアシマネの助言に従いアドバンストPMに設定していたのだが

「でもアドバンストPMって呼び方は何か地味だよね。それよりもトレクアルティスタとエンガンチェのほうがカッコいいから、この二つのうちのどちらかにしようよ」

ということで悩んだ結果、トレクアルティスタを選んだ。


・バイエルンの布陣・
dort021.jpg 


試合開始。

前半6分。
CB二人への指示はどちらも「リミテッドDF:ストッパー」にしていた。しかしこれではレヴァンドフスキ(以下レヴァ)を封じられないと気付く。

dort023.jpg

ここに、マルティネスからのロングボールに反応して抜け出すレヴァがおるじゃろ。  

dort024.jpg

これを、

dort025.jpg 
こうじゃ。

dort026.jpg

このときは何とかシュメルツァーが背後から追いつき、ソクラティスがゴールとレヴァの間に割り込んだことで

dort027.jpg

ゴールラインへ追いこんだあと、ボールを奪って事なきを得た。


このプレイでCBが二人ともストッパーなのは駄目かもと気付いた。(気付くのが遅すぎ?)

「スト2って略せてカッコいいと思ったんだけどな」

リミテッドDFはそのままに、スボティッチはストッパーでレヴァをマンマーク、ソクラティスはカバーに変更。

これが功を奏したのかレヴァを封じることができたようで、彼は前半シュートを一本も放てなかった。

だがレヴァンドフスキはただのゴールマシンではない。らしい。
ブログ執筆のために情報を漁ったらそんなことが沢山語られていた。

dort028.jpg

前半12分。
中盤でローデからのパスを受けたレヴァ、その前方を塞ぐべく動くスボティッチ。ベンダーも寄っていく。

dort029.jpg

レヴァは右斜めにドリブルしていき、スボティッチとベンダーは前方を塞ぎつづける。

dort030.jpg

と、右サイドを駆け上がるミュラーにパス。

dort031.jpg

パスを出してすぐにレヴァは二人をかわし、ゴール前へ走る。
「ソっくん、頼む!」と指示を出すスボティッチ。
レヴァと並走するように駆けながら寄っていくソクラティス。
ミュラーのサイド突破を「そうはいかないぜ!」と迫るシュメルツァー。

dort032.jpg

ミュラーのクロス! そしてクロスが出た瞬間にレヴァはソっくんをもかわす!
ソっくん「なに!?」

dort033.jpg

オフサイドでした。


こんな風にバイエルンはレヴァンドフスキを中心にミュラー、ゲッツェ、シュヴァインシュタイガー、マルティネスらが綺麗なパス回しと動きで崩してくる。
2Dで試合を見返すと、その攻めは美しく、自分もこういうプレイを選手達にさせたいと憧れるほどだった。

こちらも香川を起点にうまい崩しが幾つかあったのだが、それ以上に雑な場面が多くて監督としての無能さを痛感させられた。

因みにトレクアルティスタで大活躍させるはずだった香川はさっぱり機能しなかったので、途中からアドバンストPMに変更した。その途端に水を得た魚としてチャンスメイクを繰り返してくれるようになったよ。

香川「呼び方だけカッコよくても俺にフィットしねえ役割なんて意味ねえだろ、馬鹿熊が」


37分。
一度注意を受けていたベンダーが、レヴァンドフスキへのファウルでイエローを貰う。中盤の守備の要である彼だが、タイトマークの指示をやめるしかなかった。

その後劣勢を感じさせつつも、どうにかこうにか前半を0-0で終わることができた。


dort022.jpg

クロス29本で成功が1本という無様な放り込みサッカーだったのか……



FM2015を購入した際に新しい監督名として「モ・イーッス」というのを使おうかと考えのだが、さすがに寒すぎる駄洒落だと諦めたことをふと思い出す。



バイエルンのシュートはゲッツェの1本のみ。
しかしドルトムントの守備が効果的だったというよりも運が良かっただけな気分である。


失点するのは時間の問題のように思えた。
そしてこちらが得点できるイメージはさっぱり抱けない。

「このままではいけない。後半挽回するためにも、戦術を変更しなければ。でもどんな戦術に? 知恵袋で訊いてみるかな…」

果たして知恵袋の有志たちから答えはもらえるのだろうか。

続く

(試合を見直すと画像を載せて記録しておきたいなという場面が多く、気がつけばまた長くなってしまった)


プロフィール

ドデ・モウイーヨ

Author:ドデ・モウイーヨ
サッカーについて詳しくないです。
寒いギャグとアニメネタ多めの記事です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック