FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  FM2013 インテル編(2016-2017)  »  第12節サンプドリア戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12節サンプドリア戦

106.jpg

試合を制したのはインテル。

前半開始1分にAMLのコウチーニョが軽傷で交代となったインテルだったが、圧倒的な攻撃力は変わらず、サイドから中央へと切り崩すいつもの形でサンプドリアを苦しめる。

21分、フレディ・グアリンの変化のかかったロングシュートがゴール右端に決まり、インテルは先制すると、35分にはヴァンサン・アブバカルがドリブルでゴール前へと突破して追加点をとる。

44分にはコーナーキックをアンドレア・ラノッキアがヘッドで決めて三点目を奪った。

後半、インテルが守備的になるとサンプドリアは攻め込んでいったが、決定的なチャンスをつくることはできず。
80分にPKをもらったインテルは、ゴールキーパーの弾いたこぼれ球をグアリンが押し込んで四点目。

4-0でインテルが勝利した。


モウイーヨ談話
「1トップのアブバカルがボーチャーとしてうまく機能していなかったので、セカンドトップへと切り換えて一列下がってボールを受けるようにした。それが先制点と二点目につながったのだと思う。グアリンはPKを外しすぎるね。つぎからはべつの選手に任せることにするよ」


グアリンの先制弾。ボールは曲がって決まった。
107.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドデ・モウイーヨ

Author:ドデ・モウイーヨ
サッカーについて詳しくないです。
寒いギャグとアニメネタ多めの記事です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。