FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  FM2014 ACミラン編(2013-2014)  »  わすれがたき、ふるさと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わすれがたき、ふるさと

夏に獲得したウエストウッド選手。
どれだけの活躍を見せているかというと、

abl.jpg

怪我でほとんど試合にでられていない。
8月5日から六週間の怪我。
それが治ってコンディションを上げていこうかとしたらまた怪我。

そんな10月下旬のある日。
話したいことがあるというので、彼を執務室に呼んだ。

abm.jpg

ホームシック?
何の気なしに「リフレッシュする時間がいるんかい?」と訊いたら、

abn.jpg

英国に里帰りしやがった。
ぼくは気分転換に日帰り旅行でもしたらどうだぐらいの気持ちだったんだよ。

そんな彼がまさかあれほど偉大な選手になるなんて、このときは思いもしませんでした――(ってフラグ立てておこう)


第十一節、Udinese戦。

試合後のセーブデータが残っていたので、たぶんこんな戦術だったのではなかろうかというのを掲載。

abo.jpg

最初のころに比べるとチーム指示が少ない。
他クラブの監督が対応しはじめてきたから変えようと思い立った記憶はあるが、まさか11月という早い段階でやっていたとは。
何故ショートパスとサイド攻撃をやめたのか。分からないが、きっと意味があるはず。きっと。
これが2013のときのような、戦術思考の放棄でなければいいのだが。

個々の役割についてすこし書くならば。
モントリーヴォにチャンスメイカー(サポート)でゲームメイクをしてもらえないかな。
エッシェンはボールゲッター(サポート)で走りまわってほしいな。
バロテッリはボーチャーでとにかく点をとってくれ。
本田はトレアクルティスタで得点やアシストに期待。
あとは適当。
といった具合だろうか。

結果。

abp.jpg

コンスタンの珍しいシュートとは、ニアにあげたクロスにモントリーヴォが走りこみ、相手DFも駆けよって重なりあいそうになったGKの手前でボールはワンバウンドし、バウンドが変わったのかなんなのかGKが取りそこねてそのままゴールになったものである。
動画をあげてみたが、画質が悪くて参考にならないので貼付しない。


第十二節、Parma戦。

abq.jpg

シュート数20本といっても枠内はたったの5本だった。
バロテッリが前の試合(EUROカップグループ予選)で怪我をしたため、ロビーニョを使ったのだがうまく機能しなかったようだ。


第十三節、Chievo戦。

abr.jpg

打ち合いのすえに引き分け。

そんなこんなで11月も終わる。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドデ・モウイーヨ

Author:ドデ・モウイーヨ
サッカーについて詳しくないです。
寒いギャグとアニメネタ多めの記事です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。