FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  FM2015 ドルトムント編(2014-2015)  »  FM2015 ドルトムント編(2014-2015) 4月・5月「残り7試合のシーソーゲーム」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM2015 ドルトムント編(2014-2015) 4月・5月「残り7試合のシーソーゲーム」

dort164.jpg

「ブンデスリーガ14-15」も残り7試合。
現在首位はバイエルン。勝ち点65。
2位ドルトムント。勝ち点62。
3位はフランクフルトで勝ち点48。


ブンデスリーガ第28節 対「1.FSVマインツ05」戦。2-0。
dort165.jpg

前回2-2の引分けの際にマインツの選手で評価点8,7の「ヨハネス・ガイス(Johannes Geis)」をタイトマークで封じることができた(と思う)。

審判は一試合平均4,5枚のイエローカードを出すと記されていて心配したが、カードが乱舞することはなかった。

バイエルンがシャルケと引分けたことで、勝ち点差はふたたびに。


ブンデスリーガ第29節 対「SCフライブルク」戦。2-2。
dort168.jpg

前回2-0で勝利したとき、敗者フライブルクからMOMとして選ばれた「カリム・グエデ(Karim Guede)」が後半アディショナルタイムに同点弾を決めた。ベンダーをマンマークにつけていたというのに……。

バイエルンはレヴァークーゼンに0-1で敗北。
dort169.jpg

勝ち点差が並んだ! しかし得失点差はバイエルン44、ドルトムント42。まだ首位を奪い返すことはできていない……!

バイエルンはCL準々決勝第1試合から中二日という強行スケジュールが影響した、かのように思えるがCL準々決勝の相手はレヴァークーゼン。だから相手も同じハンディを背負っていたので愚痴はこぼせまい。
このあと中二日でふたたびレヴァークーゼンとの第2試合が行われ、A1-1、H2-1によりバイエルンは準決勝に進む。日程がさらに過密になるねえ(ニヤニヤ)。


ブンデスリーガ第30節 対「FCアウクスブルク」戦。5-0。
dort170.jpg

圧勝。

バイエルンはマインツに3-0で勝利。
これにより得失点差が並び、得点がドルトムント79点、バイエルン60点によって、遂にようやく首位へと返り咲く!
(バイエルンは中三日でした)


喜びのなか、ドルトムントに危機が襲う。
dort172.jpg

正GKのヴァイデンフェラーが怪我。幸い軽傷だったので、次戦は難しいとしてもそのあとはまた試合に戻れるだろう。

次の試合のGKをどうする?
いつもベンチにいれているGKは「ミチェル・ランゲラク(Mitchell Langerak)」だが、まったく試合にだしていないので体調(試合勘)57%と起用するには不安がある。

ここはリザーブで毎試合出場し、コンディション・体調ともに出来ている将来性有望なGK「ヘンドリク・ボンマン(Hendrik Bonmann)」に任せよう。
dort175.jpg


ブンデスリーガ第31節 対「SCパーダーボルン07」戦。2-1。
dort171.jpg

アウェイで何とか勝利。
後半77分からは超守備的でST以外ぞろぞろっと自陣へ下げる。
一瞬同点か!?と怖くなる場面もあったが、逃げ切った。

バイエルンはDFBポカール準決勝をあいだに挟んだ中二日、中三日の苦しい日程のなか、2-1で勝利する。
得失点差、得点差ともに変わりなし。


ブンデスリーガ第32節 対「アイントラハト・フランクフルト」戦。2-0。
dort176.jpg

2-0で勝利。
バイエルンはアウクスブルクに3-0で勝利。
これで得失点差はバイエルン51、ドルトムント50でふたたび2位に落ちる。

バイエルンはCL準決勝でバルセロナと戦い、中三日だというのにたいしたものだ。このあとも中三日でバルセロナとのアウェイに臨む。敵ながらあっぱれだよ。


ブンデスリーガ第33節 対「TSG1899ホッフェンハイム」戦。5-0。
dort177.jpg

マルティネスのハットトリックも含め、5-0での勝利!
後半70分に大活躍のマルティネスが赤い負傷で交替したが、試合後何ら故障はしていなくて安堵する。

バイエルンはパーダーボルンに1-0と辛勝。
得失点差ドルトムント55。バイエルン52。順位が入れ替わり、ドルトムントが首位!

バイエルンの敗因を推測するとバルセロナとの第2試合から中二日、しかもHのバルサに0-2で敗れ(第1試合は0-0)、CL準決勝敗退が決まっていた。士気は格段に落ちていたのかもしれない。
さらにドルトムントはアウェイでの試合だったが、ホッフェンハイムはリーグ順位7位。対するバイエルンはAでリーグ順位13位のパーダーボルン。この組み合わせもドルトムントにとって有利だったと考えられる。


ブンデスリーガ第34節 対「ヴェルダー・ブレーメン」戦。
ついに最終節。どちらも中六日と選手を充分に休ませた、盤石の布陣。
ただし、ドルトムントのスタメン選手の士気は「やや悪い」と「普通」ばかり。
一方バイエルンの選手はほぼ全員が「とても良い」。この違いが勝敗に影響するだろうか?

試合中にバイエルン対フランクフルト戦の様子が報告される。

ドルトムント。前半12分にヤクブ・ブワシュチコフスキの先制弾で1-0。双方の得失点差5652
バイエルン。前半14分にレヴァンドフスキの先制弾で1-0。得失点差5653
ドルトムント。前半25分に香川真司が追加点。2-0。得失点差5753
バイエルン。前半34分にミュラーがPKを決める。2-0。得失点差5754
バイエルン。後半50分にラームが得点。3-0。得失点差5755
ドルトムント。後半53分にマルティネスが得点3-0。得失点差5855
ドルトムント。後半54分にブレーメンから点を取られる。3-1。得失点差5755
バイエルン。後半63分にロッベンが得点。4-0。得失点差5756
並んでも得点数でドルトムントが優勝できる。だけど、もしバイエルンがあと2点取ったら……。
ドルトムント。後半77分にブレーメンから2点目を取られる。3-2。得失点差5656。ぎゃあああああああああ!!
ドルトムント。後半82分にブワシュチコフスキが今日2点目を決める!。4-2!得失点差5756
あと少し、あと少し。
バイエルン。後半88分に失点!4-1!得失点差5755

そして、試合終了のホイッスルが鳴る。
ドルトムント。4-2で勝利。
紙吹雪は舞わなかった。たぶんバイエルン戦がまだ終わっていなかったからだろう。
バイエルン。4-1で勝利。

dort183.jpg

優勝だあああああああああああああああ!
dort185.jpg

dort184.jpg

dort186.jpg




選手個人の表彰や、他リーグの結果などは次の記事で書きます。
いまは優勝の余韻に浸るのみ……。

つづく。


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ドデ・モウイーヨ

Author:ドデ・モウイーヨ
サッカーについて詳しくないです。
寒いギャグとアニメネタ多めの記事です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。